フライブルクに勝利〜BL

Posted on 1 月 18th, 2021

ミュラー  ペテルセン

昨夜(日本時間では昨夜から深夜)はドイツ・ブンデスリーガ第16節の最終日、
2つの時間帯で残り2試合が行われ、我らがFC バイエルン・ミュンヘンは
ホーム、ミュンヘンにてフライブルクを振り切り、久々(大袈裟ですが)に勝利しました。

そして気付いてみれば今節はライプツィヒ、ドルトムントが引き分け、レバークーゼンが黒星という事で、
バイエルンと他の上位チームとのポイントがやや広がった状態となりました。やれやれ…

.
序盤の7分、ミュラーのアシストで記録男レヴィの先制ゴールの後、しばらくスコアが膠着、
後半に交代で入ったペテルセンが同点ゴール、その後ミュラーの追加点で逃げ切り、という展開。
フライブルクの水が合っているのか、ペテルセンはフライブルクで早5年ですか。
ともかく、ゴールしたのが全員バイエルン選手みたいなもので、そこは嬉しいところです。

そう言えば、試合終了後にノイアーはペテルセンと親しげに言葉を交わしたり、
チョン・ウヨンと肩を組んだりと、元バイエルン選手のフォローをしっかり欠かしませんでしたね〜
そういうところが好かれるトコなんでしょうかね。

チュン・ウヨンといえば、度々ミュンヘンで韓国メディアの取材を見かけましたが、
いつも結構大人数だったりで、バイエルンIIの試合なんかでは目を引く取材っぷりでした。
……悪目立ちというか… いや、だってアマの試合ですよ。
放送室に外国メディアが何人も入ってたりTVカメラ2台とか回してたり。
久保君さんもあんな感じだったりしたんでしょうかね…

.
.

昨日の主な結果:

FC バイエルン・ミュンヘン 2−1 SC フライブルク

.
アイントラハト・フランクフルト 3−1 シャルケ

.

  ☆☆人気ブログランキング☆☆ ←続きを読む前に、応援クリック感謝!

(続きを読む…)

ホームでブレーメンとドロー〜BL

Posted on 11 月 22nd, 2020

結果  先輩達

荒れまくった悪夢の代表ウィークが終わって、代表組の疲れも癒えぬ間に
また英国週間のタイトなスケジュールが戻って来ました〜

昨夜(日本時間では昨夜から今朝早朝にかけて)はドイツ、ブンデスリーガの第8節のメインデー、
今節はまた変則スケジュールで、3つの時間帯に別れて、7試合が行われ、
我らがFC バイエルン・ミュンヘンはホームでブレーメンと対戦、白熱したゲームで
ゴールが遠く、また相手に攻め込まれる場面も多く、ドローに終わり、連勝がストップとなりました。

ま、仕方ないですよ。
実は戦前、今日は負けるな、これは、と思ってたんですが、
失礼ながら相手がブレーメンと気付いて、あ、悲惨な事は避けられるな、と思った次第。
しかしながら、今季はブレーメン、ここまで悪くないですからね。
.
心の中にはバイエルンとブレーメンがある(?)と言ったピサロ、
こんな時は心の中では「どっちも頑張れー!」とか思っているのでしょうか。
.
カーンとピサロがスタンドに居るようになった、バイエルン、いや、良いねー!
ルンメニゲやウリとディーター兄弟もバイエルンのプレーヤーだった訳で、
当時のファンも、今、自分が感じているワクワク、フワフワ感を感じたのでしょうかね〜
いや、ハンジもそうだったし、ここには居ないけれどミーチョや、ミロ・クローゼだってスタッフですからね〜

.
それにしても、ハンジ・フリック就任一年なんですね〜、あれから一年か〜
今のこんな状況を想像もしていなかった自分が、最後にミュンヘンで試合を観たのはもう一年も前なんですね。
3、4月に行く予定が、今行ったらアカンなと判断して中止したのは正しかったのだと思いますが、
世界が良い方向に向かっていたなら、昨日のブレーメン戦も行ってたはずなんですよね、
またアリアンツアレーナのスタンドで歓声を上げられるのは何時の事なのか、
いや、そんな日がまた来るのかと、いろいろ考えてしまいます。
ちなみに一年前、ドイツでハンジと撮った写真は今年の年賀状に使いました(笑)。

.
ライプツィヒはバイエルンに付き合ってくれてますが、ドルトムントは好調、
薬屋も勝利で、相変わらず上位の順位争いは熾烈です。

そしてドルトムントと言えば、ハーラントは絶好調!
で、ムココ! ハーラントも絶賛してますね〜
バイエルンのムシアラ、ザークツィーは今ひとつ、殻が剥け切らないんですよね〜
このまま行くとグリーンやホイビェルク路線だぞー! ミュラー、アラバ路線を来いー!

.
.

昨日の主な結果:

FC バイエルン・ミュンヘン 1−1 ブレーメン
.
ボルシア・メンヘングラートバッハ 1−1 アウグスブルク
ビーレフェルト 1−2 レバークーゼン
ホッフェンハイム 3−3 シュトゥットガルト
シャルケ 0−2 ヴォルフスブルク

アイントラハト・フランクフルト 1−1 ライプツィヒ

ヘルタ・ベルリン 2−5 ボルシア・ドルトムント

.

  ☆☆人気ブログランキング☆☆ ←続きを読む前に、応援クリック感謝!

(続きを読む…)

アウェーでケルンに勝利〜BL

Posted on 11 月 1st, 2020

結果  ミュラー

シーズン開始前に一括開始されるFC バイエルン・ミュンヘンのチケット予約で
無理だとは思いつつ、例年同様、今月下旬のCLグループステージ・対ザルツブルク戦と
ブンデスリーガの対ブレーメン戦に行くつもりで、申込していましたが、
バイエルンから、無観客試合になったという連絡がやってきました。
.
ヨーロッパにおける新型コロナのパンデミックはまた第二波がやってきていて
ベルギーやオランダみたいに小さな国で、この感染者数は何事かと思っていたら
やっぱりベルギーでは一か月間の緩めロックダウン的な方針が決まりましたし、
そんなこんなでドイツでも当面のスポーツイベント無観客開催が決定されてしまいました。
まぁ、日に1万人超の感染者が出ている事態では止む無しなんですけれど…

何時になったら以前みたいにミュンヘンで思いっきり拳振り上げつつ応援できるのか…
過去を振り返っても、行われなかった事を思ってみても無駄なだけですが
本当だったら昨季はホームでチェルシーをボコって、クラブ創立120周年記念マフラー貰って
ドリッテリーガのバイエルンIIとゼヒツィヒのミュンヘンダービー見て、
ミュンヘンでCL決勝をパブリックビューイング(決勝チケット当たるとはハナっから思ってない(笑)
していたはずだったのに! 
今季も開幕試合当たっていたかもだし、11月に3試合観るはずだったのに!
……はぁ…

.

と、言う訳で、昨日(日本時間では昨夜)はドイツ、ブンデスリーガの第6節のメインデー、
前節同様、いつもとやや変則に2つの時間帯で合計5試合が無観客で行われ、
我らがFC バイエルン・ミュンヘンは敵地ケルンでまたしても勝利しました!
.
ハードスケジュールが続いていることもあって、レヴィとゴレツカを温存、
ケルンに帯同させずにミュンヘンに残した事もあってバックアッパー陣と若手の多いラインナップで
なかなかに苦戦、何度もケルンに左側を突破されるというシーンも目立ちました。

ハンドで得たPKと、ロッベンを彷彿とさせるニャブリのカッインからのシュートで挙げた2得点で、
1点を返されるも、手を緩めず走り回ってリードを守り切っての勝利でした。

.
そしてまた、同時開催のビーレフェルト対ドルトムントの一戦は
前節同様、フンメルスのゴール(しかもドペル!)でドルトムントが勝利、
勝ち点でバイエルンと並んでいます。

おいおい、ヨギ〜どうなんだー?
ミュラーもフンメルスも(ボアテングも)えらく好調なんですけど〜 

.
.

昨日の主な結果:

ケルン 1−2 FC バイエルン・ミュンヘン

.
ビーレフェルト 0−2 ボルシア・ドルトムント
フランクフルト 1−1 ブレーメン
アウグスブルク 3−1 マインツ

ボルシア・メンヘングラートバッハ 1−0 ライプツィヒ

.

  ☆☆人気ブログランキング☆☆ ←続きを読む前に、応援クリック感謝!

(続きを読む…)

いっそ清々しい完敗!〜BL

Posted on 9 月 28th, 2020

結果  ノイアーの失敗

言い訳するつもりはないです。
延長戦後、アウェー続きでの中二日、層の薄さ、色々あるとは思いますが、
クラマリッチ、凄かった! セバスティアン、流石だわ!

…実は繋がり濃い、けれど因縁もたっぷりの両クラブですが、ともかく相手を称賛したいです。
会長だったホフマン氏も喜んでいると思います。

.
昨日はドイツ・ブンデスリーガ20/21シーズンの第2節、最終日の2試合が行われ、
我らがFC バイエルン・ミュンヘンはアウェーでホッフェンハイムと対戦、4−1で黒星を喫しました。

.

UEFAスーパーカップのセヴィージャ同様、裏取られまくり。
集中力が足りなくなってきているのか大雑把なプレーでパスミス連発したり、
蹴り込んでも誰も居なかったり、微妙に合わない。相変わらず守備コンパクトだし。
ホッフェンハイムを舐めてる訳じゃないんですが、
厳しい日程で、ミッドウィークにはドイツ・スーパーカップも控えているし、
コンディションの気になる選手はなるべく休ませたい、
しかし補強も不足で若手に期待するしかない…というところで、なんとなく冴えないスカッド。
ハンジもハイライン修正したりはあったんですが、色々と遅かった。
サネも相変わらずイマイチ感が漂ってますし。 パヴァールも良くなかった。
なーんかスッキリしませんでしたね。
そうなると、いつもコンスタントに結果を出してるキミッヒは凄いんですね〜

もちろん、若手の起用が悪い訳じゃないですし、
ムシアラとか、先に注目集めたザークジーを追い越してしまった感じで、
短い時間でも、いいところを出せてたと思います。

ノイアー、やっぱり凄かったけれど、最後にやっちゃいましたしね〜

.

昨日の主な結果:

TSG ホッフェンハイム 4−1 FC バイエルン・ミュンヘン

フライブルク 1−1 ヴォルフスブルク

.

  ☆☆人気ブログランキング☆☆ ←続きを読む前に、応援クリック感謝!

(続きを読む…)

今季の移籍市場についてつらつらと

Posted on 7 月 4th, 2020

こんな事、毎回、毎回言っている気もしますが、ニューベル要らないよなぁ…

いや、ノイアーの時も「KOAN ノイヤー」に賛同してましたもんね。
レンジングもクラフトもダメで、二人とも結局別のクラブでも大成できなかったし
ノイヤーが居なけりゃ大耳も獲れなかったと分かっています。
が、何もそこまでしてノイヤー獲らなくても、と思ってました。

数年後を考えたらニューベルが必要だったと思うんでしょうが、今はまだ要らないなぁ。
実のところ、フリュヒトルはだめだろうなと思ってます。バイエルンIIでも今ひとつですし、
それでもまだ要らないなぁ…

.

というところで、サネも要らないなぁ…
復活できなかったらどうすんの? ミュラー=ヴォールファールト先生も引退だよ?三度目の(笑。
ペリシッチも返すので、人数的にサネも要るのかもしれない。
トリッソも出て行ったら人数的に足りなくなるかもしれない。
でも、そんなにしてまで必要かなぁ?

ハヴェルツは完全に不要になりますよね。

.
ニャンジはアリかもしれない(読み方、ニャンゾーかと思った…)。
こういう新加入は歓迎です!
キミッヒやアラバやデイヴィスみたいにあっちこっち出来るプレーヤーが活かせるかもしれませんし。
ニャンジ&ニャブリでにゃーにゃー可愛いし。

しかし、本当にフランス人がウマく行ったら、どんどんフランス人獲って来るな!
パパンやリザラズ隊長やサニョルが作ってくれた道、凄いことになって来ました。
リザラズ隊長ルートはハビ・マルやシャビ・アロンソにも繋がる訳ですが、
当時最高額だったハヴィ・マルティネス、こんな感じに別れるのは辛いなぁ…
ほんと、良いヤツですしね…… でも出場機会を求めてというのも、分かります。
でも淋しいなぁ… 恩返しできてないよね。クラブは。

.
チアゴの穴を考えると、結局中盤をもっと厚くしても良いんじゃないかという気もしますし、
バイエルンで中盤も最終ラインもやってるよ、というキミッヒはまだしも、
ここまで、世界屈指のディフェンダー、となったアラバを前に持って来る事もないし…

そうそう、いよいよチアゴとお別れというのは非常に惜しい。
ペップが去った後も残ってくれましたし、本当にいいプレーヤーです。
手術後の状態もあって、今季どうなるか不明ですが、
残った期間で素晴らしいプレーをまた見せて欲しいと思います。

.
今季のマーケットは変な日程ですが、まだまだ楽しい時期は続きます。
…楽しい……うん、楽しいかな。

.
.

シュヴァインシュタイガー、お疲れさまでした!

Posted on 10 月 9th, 2019

またもすっかり更新サボりムードで、週末の敗戦もそれに拍車を掛けた感じになってましたが、
いや、そんな事よりも、
バスティ、お疲れさまでした!
.
自分もトシをとったよなぁ、と思うのがこういう時かもしれません…

なんかついこの間まで、バラックにくっついて回っていて、
陽気に騒いでで、カーンに落ち着き無いヤツみたいにいわれてたのが、
いつの間にか副将になって、若手のミュラーの事を”うるさいヤツw”と言う様になって、
代表でも柱になって、ホームで大耳逃してしゃがみ込んでた時もあったけど、
今度は大耳獲りにもホントに大きな働きをしてくれて、ハビとのコンビは絶対的でした。
英国に行くと決まって、淋しかったけれど、
キャリアの最後までには海外で冒険したかったんだろうなと思うことにして
.
……あっと言う間の出来事に感じますよ!

そっかぁ、バスティも、もう引退なのか…… 淋しいなぁ…
.

でも、まぁ、地元っ子ですしね、冒険を終えたらミュンヘンに戻って来るしね。きっと。
トビアスもバイエルンのユースでコーチしてますし、兄弟一緒にコーチになればいいな。

他の選手に比べて、そこは楽しみが多いな、生え抜きはダテじゃない地元民だ。
バイエルン方言が染み付いてるんだ(笑)。 
そう考えると淋しさも薄らいで来たぞ!

うん、
バスティお疲れさまでした!!

.
.

そうそう、リベリーのビデオレターも、幸せそうで良かったよ。
キャリアを終えたらミュンヘンに戻るだろう、ってリップサービスなんだろうけど
いっそホントにドイツに移住すればいいんじゃないか?
.
ブラッツォだって、移籍後もミュンヘンに家を持ったままにしていて、
イタリアでキャリアを終えた後、ミュンヘンに戻って来た後、バイエルンに戻って来たし
ミーチョやシュタルケやトビアスと同じにコーチすればいいよ!

Mia san ファミリー!

.

ロッベン、お疲れさまでした!

Posted on 7 月 7th, 2019

ロッベン

ロッベン引退!?
仕事中、このニュースを見て、かなりショックを受けましたが、
バイエルンで引退したい、とかつて言ってたように、結果FCBが最後のクラブになりました。

.
個人的には、バイエルン(プロチーム)のゲームは30回ほど観ていますが、
その9割方にロッベリーの姿があったように思います。
ロッベリーが欠けていたのは、2018/19シーズンになってからでしょうか…?
ともかく、ロングサイド端に座る事が多かったこともあって、
いつもいつも、
自席の目の前を両ウィングが駆け抜けて行くのがバイエルンのゲームでした。

来シーズンからは淋しくなると思います。
きっと、貴方達を懐かしく思う事も度々だと思います。

だけど、美しい時間は過ぎるのが速い、リベリーの言葉通りです。
お疲れさまでした。 長い間ありがとう!

.

  ☆☆人気ブログランキング☆☆ ←続きを読む前に、応援クリック感謝!

(続きを読む…)

バイエルン7連覇ーーー!

Posted on 5 月 19th, 2019

試合結果 皿

他所のリーグのファンやら、ブンデスをロクに見ていない人たちは
「またかよ」と簡単に、そしてつまらなそうに言うかもしれませんが、
キツかったーーーーー!! 今年はホントにキツかった! 
なんせ最終節までもつれ込みましたからね!

.
昨日(日本時間では昨夜〜深夜にかけて)は同時刻開催で
ドイツ、ブンデスリーガ18/19シーズンの最終節でもある第34節の全ゲームが、
一斉に行われ、我らがFC バイエルン・ミュンヘンが今季王者に輝きました!

.

しかし、この日が待ち遠しくもあり、また永遠に来なければ良いとも思いました。

こんなに別れの辛いシーズン終盤は、ルシオらの居なくなった時以上と感じています。

メルシー、フランク! ダンキェ、アルイェン! オブリガード、ラフィーニャ!!
ありがとう、そしてお元気で!

.
.

昨日の主な結果:

FC バイエルン・ミュンヘン 5−1 アイントラハト・フランクフルト
.
ボルシア・メンヘングラートバッハ 0−2 ボルシア・ドルトムント
ヘルタ・ベルリン 1−5 レバークーゼン
ブレーメン 2−1 RB ライプツィヒ
シャルケ 0−0 シュトゥットガルト
マインツ 4−2 ホッフェンハイム
ヴォルフスブルク 8−1 アウグスブルク
デュッセルドルフ 2−1 ハノーバー
フライブルク 5−1 ニュルンベルク

.

  ☆☆人気ブログランキング☆☆ ←続きを読む前に、応援クリック感謝!

(続きを読む…)

バイエルン優勝!ドルトムント、ライプツィヒはドロー〜BL

Posted on 4 月 30th, 2017

試合結果  結果

あーあ、優勝決まっちゃったよ〜  ちょっと残念〜

.
ところで、やっぱりコスタは今夏、出て行くんですかね!?

コスタのグッズだけセールになってるんですけど…(汗)
.
レバークーゼンのブラントを獲りに行く気配ですし、
ブラジル代表?を放出してドイツ代表で置き換えでしょうかね。

.

さて、昨日(日本時間では昨夜〜今朝未明にかけて)はドイツ、ブンデスリーガ第31節のメインデー。
いつものように2つの時間帯に別れて、合計6試合が行われ、
我らがFC バイエルン・ミュンヘンはヴォルフスブルクとアウェーで対戦、大勝しました。
.
この夕方からの一戦の前にはライプツィヒがインゴルシュタットと引き分けた事を受け、
バイエルンの勝利でそのまま、今季のリーグ優勝が決まりました。 5年連続マイスターですよ!
.
しかし、インゴルシュタットはライプツィヒに強いな〜
ヘルプストマイスターが懸かっていた時もインゴルシュタットの勝利に助けられましたし、
「バイエルン一強でブンデスはつまらん」と言っている人たちには
こんなインゴルシュタットの不思議で強力な助けなんて見えてないんだろうな〜

.
ブレーメンは確実に上昇気流、3シーズン続いた低迷期を脱した様です。
同様にダルムシュタットも勢いに乗って来ましたが、如何せん遅過ぎた!
同じバイエルン州のチームとしてアウグスブルクもインゴルシュタットも残留して欲しいし、
フリンクスのためにもダルムシュタットにも残って欲しいし、
それでもハンブルクはいい加減、安心できる所に居て欲しいし… と悩ましい時季です。

.
そして、いつこんな所まで順位が落ちて来たのかというマインツ。
武藤が土壇場のゴールで一点を返したものの、黒星でした。

.

昨日の主な結果:

ヴォルフスブルク 0−6 FC バイエルン・ミュンヘン

ボルシア・ドルトムント 0−0 ケルン
RB ライプツィヒ 0−0 インゴルシュタット
ダルムシュタット 3−0 フライブルク
ブレーメン 2−0 ヘルタ・ベルリン
マインツ 1−2 ボルシア・メンヘングラートバッハ

.

  ☆☆人気ブログランキング☆☆ ←続きを読む前に、応援クリック感謝!

(続きを読む…)

バイエルンはマインツとドロー、ブレーメンやダルムシュタットは勝利〜BL

Posted on 4 月 23rd, 2017

試合結果  結果2

せっかく息巻いて擁護コメントをしたのをぶち壊すリベリーとビダルのSNS…(苦笑)
いや、知ってたよ、君たちはそういう悪ガキだって事は…… 

ビダルの事はよくわかりませんが、少なくともリベリーは良いヤツなんですけどね。
あ、ミュラーも典型的バイエルン人って感じで、明るい屈託のないヤツなんですよ。

.

さて、昨日(日本時間では昨夜〜深夜にかけて)はドイツ、ブンデスリーガ第30節のメインデー、
いつものように2つの時間帯で、合計6試合が行われました。

我らがFC バイエルン・ミュンヘンはすっかり低調モードで、
マインツのリードを追いかけて、なんとかドローという結果に終わっています。
大怪我のノイアーがアウトで、ここからのブンデスとポカールはウルライヒ、
そして時にはシュタルケがゴールを守ることとなりますが、
最終ラインではまだ太ももが心配なフンメルス、ボアテング、負傷のハヴィ・マルティネスだけでなく、
アラバまでも膝が深刻だったら…と心配です。人数足りなくなるのは毎度の事ですが…

.

そして今節は、ダルムシュタットやブレーメンに白星が輝いています!
永らく降格圏で喘いでいたブレーメン、気が付けば来季EL出場権にまで順位を上げて来てる!!
ここまであからさまな順位の変動は、スプリクニクがダメでノウリ監督が良かったのか……
…いや、本音を言えば、やっぱりクルーゼの活躍が大きいと、めっちゃ思うんですよ。
ビダル同様の問題児で、素行の悪さが原因でヴォルフスブルクや代表をクビになっていたものの、
基本、良い選手ですからね〜 凄く助けられてますよね。
.
素行の悪さと言えば、ブレーメンサポの軽率な行為はちょっとダメでしょう。
確かにブレーメンも、フランクフルトに次ぐ感じのヤバ目ウルトラスなんですが、
せっかくチームかが上昇気流に乗っているんですから、考えるべきでしたね。

.

昨日の主な結果:

FC バイエルン・ミュンヘン 2−2 マインツ

ハンブルク 1−2 ダルムシュタット
インゴルシュタット 2−4 ブレーメン
ヘルタ・ベルリン 1−0 ヴォルフスブルク
アイントラハト・フランクフルト 3−1 アウグスブルク

ボルシア・メンヘングラートバッハ 2−3 ボルシア・ドルトムント

.

  ☆☆人気ブログランキング☆☆ ←続きを読む前に、応援クリック感謝!

(続きを読む…)

次ページへ »
© FCバイエルンはいかがですか? • Powered by Wordpress • Using the Swiss Cool theme.