おっさん達、最高!

Posted on 12 月 23rd, 2018

祝福 嬉しそうなラフィーニャ

ブンデスリーガ18/19シーズンも17節、一年の折り返しとなりました。
そんなウィンターブレイク前の最終節、我らがFCバイエルン・ミュンヘンは
アウェーでアイントラハト・フランクフルトとの対戦となりましたが、
いやいや、もうもう、「リベリー、リベリー、そしてラフィーニャ!」の実況のまんま、です!

  ☆☆人気ブログランキング☆☆ ←続きを読む前に、応援クリック感謝!

(続きを読む…)

ロッベン、ありがとう!

Posted on 12 月 4th, 2018

祝福
ついに去る事になったんですね…
バイエルンで引退するかも、という言葉を100%信じていたので、
正直、ショックではありますが、ロッベンが退団を決めたのなら仕方ありません。

  ☆☆人気ブログランキング☆☆ ←続きを読む前に、応援クリック感謝!

(続きを読む…)

また今度!

Posted on 11 月 29th, 2018

IMG_2218.JPG

短い欧州滞在も終わり。
ミュンヘン、ヨーゼフ・シュトラウス空港を
まもなく発ちます。

最後の最後で晴れています。
バイエルンの紋章の水色と白の空です。
また来るよ!

…次々節のチケット当たったって、
メールが一昨日、来たんだけどね。
いやー、さすがに無理だわ。年4回ミュンヘン来るのは。

ドイツ在住のブンデスリーガファンは多いと思いますが、
自分のこの、「通う」というスタイルが
より多くの日本に住むブンデスリーガファンの
何かサンプルにでもなれば嬉しいかな、と思ってます。

公開練習日

Posted on 11 月 28th, 2018

IMG_2186.JPG

がっつり冷え込んだからか、
来てるファンが少ない。
しかも暖かい頃と違って、
ギリギリまで来ない(笑

勝利

Posted on 11 月 28th, 2018

IMG_2172.JPG

いや〜、久々の勝利!
失点は避けたかったけれど、
まあ贅沢は言うまい。

あと、ゼンドリンガートーア、
なんでこんなになってんの。
あやうく喧嘩に巻き込まれそうになったし。

いい感じで折り返し!

Posted on 11 月 28th, 2018

IMG_2170.JPG

国外チームにはまだロッベン有効。

…って何やってんのか、ノイヤー!!!!!!

CL!

Posted on 11 月 28th, 2018

IMG_2167.JPG

今日こそ勝てーーーー!!

空港近く

Posted on 11 月 27th, 2018

IMG_2148.JPG

空港近くまで来ましたが、
やっぱり雪降ってます。
道路は普通ですが、周りは真っ白になって来た…

っ寒っ!

Posted on 11 月 27th, 2018

IMG_2147.JPG

ミュンヘンまであと32km
今日、マイナス7度って予報だったこと思い出した!

いや、マジ、天然モノのクリスマスツリーを抜けて来たんですが、
そのまま飾れるような雪こんもりでした!

コレ、21時キックオフって、
凍死者でるよ!

インターバル

Posted on 11 月 26th, 2018

例によってミュンヘンから逃げ出しています。

貧しい日本の、貧乏人にはミュンヘンの物価は厳し過ぎます。
風呂なし・シャワー付き、朝食無しの三つ星・中級ホテルが一万円〜。
見本市やイベントが重なると3万越え当たり前、
CLグループステージの日ですら1万3000円取られるとかね。

6ベットのドミのベッドひとつが3000円越えるとか、
スタジアムまでの地下鉄が片道350円とかね。

ドネルケバブが、人気店だと一個750円、
ホットドッグ的なもの(ヴルスト ミット ゼンメル)が550円、
フライドポテト(ポメス)の一番ちっさいのが420円…

なので試合の中日は地方に行ったり、国境越えたりします。

今はチェコ。
観光地なので物価は高いです。
コンビニ的な店で瓶ビール、500ml一本220円(さすがにミュンヘンの方が安い)、
ウルケルだと300円近いし、クリームとヌテッラ塗った菓子パンが700円。

でも地下鉄やトラムが一回乗って135円、シャワー付きの中級ホテルが5000円と
日本人から見ても、高くはないかなーと言う感じでしょうか。

嬉しいのがスカイスポーツのブンデスリーガチャンネルがある事。

ウリが火曜日のベンフィカ戦まではコヴァチの仕事を保障した、
とか
ドルトムントの会員総会にザマーが居た、
とかニュースが見れて得した気分です^_^

次ページへ »
© FCバイエルンはいかがですか? • Powered by Wordpress • Using the Swiss Cool theme.